2006年4月29日 (土)

やれば出来る子

幼少の頃、私の両親は事あるごとに「こんな事ぐらい出来て当たり前だぞ」とか、「あなたはやれば出来る子なのよ、だから頑張りなさい」と私を叱咤激励したものです。

結果が出た時はいいのですが、出なかった時などは子供心に、いったい『やればできる子』の根拠は何なんだろう?と思ったものですが、両親からすれば、血筋や自らの歩んだ道を踏まえた上で、「自分の子供なんだから『出来て当たり前』」という事だったんでしょうね。

そもそも、この「出来て当たり前」とか、「やれば出来る子」ってのは良い結果が出た後に誉めてあげて、初めて子供の自信につながる魔法の言葉であって、何かに挑戦する前に「お前はやれば出来る子なんだぞ」と言われても子供にとってはプレッシャーを与えるだけって事に、私の両親は気づいてなかったみたいです。

そんな私が久しぶりに、この「やればできる子」「出来て当たり前」と誉めてあげたいニュースを目にしましたので紹介することにします。

NEWS Source:聯合ニュース
「国内初のペット型ロボット「ジェニボ」が完成」

TB用リンク
朝鮮|д゚)カンサツ日記【韓国】国内初のペット型ロボット「ジェニボ」が完成 ダサテック社が開発

続きを読む "やれば出来る子"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月22日 (土)

度し難い民族

このエントリを読んで、何かを感じていただけると幸いに思います。

新たなる殺意(紙ジャケット仕様) Music 新たなる殺意(紙ジャケット仕様)

アーティスト:UFO
販売元:東芝EMI
発売日:2005/11/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

南朝鮮が外国貴賓を招いた会での事。インターコンチネンタルホテル社長がビールの泡を見ながら、

「ビールの泡がぱっとはじける模様があたかも、広島に原子爆弾が投下された時のキノコ雲がわき上がる様子に似ていますね。だから、原子爆弾酒とも言えます。」

と発言。 それを受けて盛り上がる韓国人達。

わざわざ別カメラを用意し日本大使の表情を撮影。

一人、険しい顔で屈辱に耐える駐韓大島日本大使。

これ、どういうことかというと、インターコンチネンタルホテルの社長が各国貴賓を招いたパーティーの席で、の事。
韓国のカクテル「爆弾酒」を紹介している際に発せられた発言について不快感を示した大島大使を韓国メディアが報じたそうです。

続きを読む "度し難い民族"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年3月11日 (土)

恐怖の片鱗ッッ!


あ…ありのまま韓国で起きた事を話すぜ!

       ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ『彼女はレイプされたのでアフターピルを薬局に
       (.___,,,... -ァァフ| 
買いに行ったら、いつのまにか 
        |i i|    }! }} //|薬局の店員にレイプされていた!』
       |l、{   j} /,,ィ//| 
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
      i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ 
俺も彼女が何をされたのかわからなかった…
      |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ | 
しかも、数日後さらに別のレイプ被害に遭い、
    /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人
警察に駆け込む為に拾ったタクシー運転手に
   /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ事情を話したらレイプされてしまった!
  ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉 
頭がどうにかなりそうだった
  |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ レイプ大国だとか民度の差だとか
  // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ…
 /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
… もっと恐ろしいものの
/ //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
片鱗を 味わったぜ………

※表示が崩れる方はブラウザのフォントサイズを「中」にしてください。

続きを読む "恐怖の片鱗ッッ!"

| | コメント (0)

2006年1月 7日 (土)

半島の大鷲F-15Kスラムイーグルw

あけましておめでとうございます。

皆さんはどんな新年を迎えられましたでしょうか。
私はというと、日韓友情年が終わってホッとした自分に気付き、

「あれ?韓国の事、大好きなはずなのにおかしいな?」

と戸惑いを隠し切れない新年を迎えましたw

そんな大好きな韓国から新年早々微笑ましいニュースが届きましたので紹介する事にします。

続きを読む "半島の大鷲F-15Kスラムイーグルw"

| | コメント (1) | トラックバック (2)